先生と学生

個別指導なら医学部の知識が詰め込めるようになる

大学の雰囲気が分かります

先生と生徒

高校生がどの大学に行くかを考えるときに便利なのがオープンキャンパスです。オープンキャンパスは1日か数日間にかけてキャンパスを開放して進学の相談や模擬授業などを確認することができます。単純に雰囲気を確認するために行ってもいいですが、それでは雰囲気を確認するだけで終わってしまいます。オープンキャンパスのメリットを享受するためには事前に何を確認するのかを決めておくことが重要です。キャンパスの中を見ることも大事ですがキャンパスまでの道のりを確認したりすることも必要です。最寄りの駅周辺の環境など様々なことを確認することもできます。もしも在校生がいたら話を聞くのも有効なことです。大学の職員や教員よりも自分と同じ目線での意見が聞けるからです。最近では学部ごとに先輩との話が出来るようにセッティングしている場合もあります。オープンキャンパスは大学側にとっても学生の確保のために非常に重要なイベントです。そのために様々な角度から大学の良さを知ってもらおうと講演や模擬授業を行っています。単純にキャンパスの雰囲気を知るだけでもいいですが、個々の学部の特徴を知る意味でも多くのイベントに参加することが大切です。場合によっては最初に思っていた学部とは違う学部に魅力を感じることもあるからです。そういうきっかけを作るイベントとしてオープンキャンパスは非常に意味があります。メリットがないという言葉を聞くことがありますが何を見るかを自分で決めて行くことでメリットが出てきます。