生徒

個別指導なら医学部の知識が詰め込めるようになる

勉強

理工学系の大学を決めよう

エフラボでは理工学系大学の教授などの話を通して、行きたい大学を探すことができます。その大学で学べる研究内容などを確認した上で大学を決めることができるので、自分の興味のあるジャンルを選びやすくなっているのです。

先生と生徒

大学の雰囲気が分かります

高校生がどの大学に行くのがいいのか確認するという意味でオープンキャンパスが数多くの大学で開催されています。内容としてはキャンパスを開放して自由に見てもらうだけでなく進学の相談や模擬授業などを行っているところもあります。単純に見に行くだけでもいいですが、自分で何を見るかを決めて行くことが大切です。

親身なサポートで難関突破

婦人

通学による様々なメリット

医師を目指す学生の強い味方になってくれるのが、一般に難関と言われる医学部の受験に特化した塾や予備校です。小規模でアットホームな雰囲気の塾や予備校が多く、ひとりひとりのニーズに合わせた個別指導で、高い合格率を実現していることが特長です。オーダーメイドの授業とも言える個別指導の場では、特に苦手とする科目に絞って受験勉強を進めることも可能です。医学部受験のノウハウに精通した教師たちによる徹底的な個別指導を受けることで、確実に合格ラインが見えてきます。夏季に合宿が開催されたり、年末年始や受験直前などの機会に集中的な授業が行われる場合も多く、浪人中もメリハリのある学生生活を送れることも大きなメリットです。担当の教師と接触する時間が長いため、何でも相談できるフランクな関係を築きやすいことは、個別指導ならではの魅力です。更に個別指導の一環として、受験を控えてナーバスになりがちな学生のメンタル面のサポートに力を入れている塾や予備校も増えており、親身な取り組みが好評です。自宅からの通学が難しい学生向けに学生寮を用意している塾や予備校なら、親元を遠く離れた学生生活も安心です。栄養のバランスが考えられた食事を摂取しながら、規則正しい生活を送ることができますから、医学部受験の本番に向けての健康管理も万全です。医学部合格という同じ目標に向かって努力している仲間たちの存在も、やる気を出すための良い刺激になります。

教材

目標として利用

大学入試は、合格すること自体が目的ではないものの、学力向上のための目安として存在しており、良き目標になっています。人は目標を明確にすることで努力し続けることができ、その達成のために塾、予備校などの必要な手段を具体的に考える事ができるのです。